ハムタイピング

ハムタイピングとは

パソコン初心者の方に、タイピングの基礎であるホームポジションをしっかり覚えてもらうために作った、フリーウェアのタイピング練習ソフトです。
キーの位置と指の使い方を学習することによって、タッチタイピングができるようになります。
小さなお子様やご年配の方にも無理なく使っていただけるよう、文字を大きくして見やすくしています。
ローマ字の学習もできるので小学校低学年からご使用いただけます。
当ソフトは各種学校やパソコン教室、プログラミング教室でも使われております。

動作環境

Windows 7/8.1/10 にて動作確認済みです。ただし、Windowsのバージョンによってフォントが違います。
Windows10でFall Creators Updateを適用していれば、「UDデジタル教科書体」が用いられます。
解像度800×600ピクセル以上での使用を推奨しています。
※モニタから表示画面がはみ出す場合は、メニュー画面でF2キーを押すと設定ダイアログが現れるので「ウインドウサイズ」を変更してください。

ダウンロード

上記のリンクをクリックし、任意の場所に「hamutypingEX_v1.0.zip」を保存してください。
ダウンロードが完了したら、任意の場所にフォルダを解凍します。
解凍されたフォルダを開き、「ハムタイピングEX.exe」をダブルクリックすると起動します。

使い方の説明


メニュー画面

雲形のメニューをクリックするとキーボード入力画面になります。

入力画面

入力画面ではカウントダウンが終わったらスタートします。
タイプミスするとエラー音が鳴り、ローマ字の該当箇所の色が変わります。
入力画面の左上の矢印マークをクリック、またはEscキーを押すとメニュー画面に戻ります。
問題がすべて終了するとダイヤログが現れ、OKボタンを押すとメニュー画面に戻ります。

メニュー画面

終了したメニューの右上にはブロンズ・シルバー・ゴールドの王冠が付きます。回数で色が変わります。

設定画面

メニュー画面の左上の歯車マークをクリックすると設定ダイアログが現れます。
「アルファベット表示」「アルファベット種別」「ランダム出題」「ウインドウサイズ」の設定を変更することができます。
メニュー画面の左上のメモマークをクリックすると成績一覧が表示されます。

一覧画面

成績は10,000件まで登録できます。10,000件を超えると一番古いデータが削除されます。
成績画面の右下の削除ボタンですべての履歴を削除できます。右上のCSVボタンでは履歴データのCSVファイルを読み取り専用で開きます。
スタートから60分以上経過した場合はタイムが「測定不能」となります。

ローマ字について

使用しているローマ字は効率よくタイピングするためのものです。
詳しくは「ローマ字表(大文字).pdf」または「ローマ字表(小文字).pdf」をご覧ください。

ローマ字表サンプル

カスタマイズ方法

入力するアルファベットやローマ字を変更したい場合は、実行ファイルと同じディレクトリにある「data」フォルダ内の該当するテキストファイルを修正してください。
ただし「\n」は改行マークなので消さないでください。
メニュー名を変更したい場合は、「menu.txt」ファイルを修正してください。
設定の規定値を変更したい場合は、「config.ini」ファイルの該当箇所を書き換えてください。

ホームポジションを覚えた方へ

下記のサイトで更なるタイピングの練習ができます!!